2014年07月21日

ゴルフのスコアに伸び悩んでいるゴルファーさん良い練習法がありますよ!

ショットの方向性を安定させて、

狙った場所にボールを打てるスイングを身につけ、

「5日間でゴルフスコアを10打縮める」ゴルフ上達プログラム。


シングルゴルファーの方向性安定プログラム



ゴルフコーチの吉本巧プロがこのプログラムの講師を務めていますので

レッスンの教材内容が確実性があり安心して実践して頂ければ

必ずスコアアップしゴルフが上達出来る事でしょう!!

ゴルフ上達法



ゴルフをはじめた頃は、「飛距離アップ」を望むものですが

ゴルフに慣れてくると「方向性の安定が一番大切」と気付きます。



しかし、世の中には「ショットの方向性を安定させる」をテーマにした

ゴルフレッスン書は殆どありません。


ユニークでコンセプトがハッキリした教材ですので紹介します!



☆こんなゴルフの症状の方必見です!

・ティーショットが安定せず、OBや林にボールが入る

・セカンドショットが左右に散らばり、池やバンカーボールが入る

・ショットを安定しないから、スコアがまとまらない

・飛距離よりも方向性を安定させて、ゴルフスコアをアップしたい





◆ショットが安定しない・・・


最高のティーショットで、すごい飛距離が出た!

でも次のホールのティーショットはOB連発・・・





◆ショットを打つたびに不安を感じている


「ボールがどこに飛んで行くのか予想できない」ゴルファーと、

いつも落ち着いて

「狙った場所にボールを打つ」ゴルファー。



あなたはどっちのゴルファーになりたいですか?



もしあなたが、

・ティーショットが安定せず、OBや林にボールが入る

・セカンドショットが左右に散らばり、池やバンカーボールが入る

・ショットを安定しないから、スコアがまとまらない


と悩んでいるなら、

このゴルフ教材は重要です。



このゴルフ教材は、

ショットの方向性を安定させ

狙った場所にボールを打てるスイングを身につけ

5日間でゴルフスコアを10打縮めるゴルフ上達プログラムです。


詳細はクリック
シングルゴルファーの方向性安定プログラム

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



この教材を見れば

・ティーショットでOBを打つという不安から解放され

・少ない時間で「狙った場所にボールを打つゴルファー」になり

・最短ルートでゴルフのスコアを縮める事ができます


「一発の飛ばし屋」と「狙った場所に打つゴルファー」

あなたはどっちのゴルファーになりたいですか?



「狙った場所に打つゴルファー」になり、

良いスコアでラウンドしたいなら、

このゴルフ教材はオススメです。


シングルゴルファーの方向性安定プログラム



テスト販売でご購入いただいたお客様から・・・

「最高です!たまらなく感触の良い打感とストレート軌道の球筋になりました!

 ありがとうございました!」


とお礼の感想を頂きました。



 ■期間限定の無料特典

初回アクセスから、2日間限定で

「ショートパットを入れる5つの極意」という

レポートの特典もついていますよ!。




2014年04月07日

狙った場所にボールを打つゴルファー!良いスコアでラウンド出来るために!!


ゴルファーには2種類あります。

1つは「一発の飛ばし屋」ゴルファー。

もう1つは「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーです。



「ゴルフは飛距離がある方が有利」と考え、スイングはいつも

 全力のフルスイング。




同伴競技者が驚くほど飛ぶこともあれば、ボールが左右に散らばり連続OBも

多いのが「一発の飛ばし屋」ゴルファーです。



彼らは飛距離を求めるスイングをしているため、いつまでもスイングが安定しません。


常に不安を感じているのが、「一発の飛ばし屋」ゴルファーです。




もう1つのタイプが「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーです。

こちらのタイプのゴルファーは、ティーショットで緊張もしませんし、

セカンドショットが池やバンカーに入る心配もありません。



ウッドもアイアンも狙った場所にボールを打てるからです。

ラウンド前日に不安を感じることもありません。



他のゴルファーが不安に感じる狭いホールでも、

「このホールは左右がOBだけど、距離が短いからバーディーが狙えるな」と、

強気のゴルフが出来ます。




セカンドショットはいつも平坦な場所から打てますし、アイアンの方向性も

良いので、あっさりとパーオンします。




つまり、「ゴルフに不安を感じることがなく、いつもフェアーウェイを歩き、

パーオンの数が多い」のが、この「狙った場所にボールを打つ」

タイプのゴルファーなのです。







「一発の飛ばし屋」と、

「狙った場所に打つゴルファー」・・・

どちらが良いスコアでラウンド出来ると思いますか?




距離が出るとライバル達に自慢できます。 人よりも飛距離が出るのは

気持ちがいいものです。



ですが、良いスコアでラウンドするには、「飛距離」よりも「方向性の安定」が

重要なのです。





どうすれば「狙った場所にボールを打つ」

ゴルファーになれるのか?







◆吉本巧プロコーチの「吉本理論」は・・・

14歳からアメリカに渡り、アメリカPGA終生会員ジョン・ブラッドリー氏に師事し、

11年間かけてアメリカの最新ゴルフ理論をマスター。


独自の吉本理論が評価され、テレビから雑誌まで数多くのメディアに出演。


過去18年の間に、アメリカと日本を通して、のべ2万名以上の

ゴルファーにレッスンを行ってきました。





ゴルフを始めたころは、


「スコアを伸ばすためには、飛距離をアップさせなければいけない」

と思い込んでいました。




ですが、飛距離はスコアに直結しないということに気付き、

方向性を安定させるスイングを研究したのです。



飛距離を求めるよりも、方向性を安定させた方が、スコアが良くなるのです。




1人でも多くのゴルファーに、「狙った場所にボールを打つ」という最高のゴルフを

体験してほしいので、 この「シングルゴルファーの方向性安定プログラム」を

提供することにしました。



「シングルゴルファーの方向性安定プログラム」で、 あなたが得るもの ・・・




さて、想像してください。

あなたは、次のラウンドでいつものゴルフ場に来ています。 場所はスタートホールのティーグランド。

そこには2人の男性ゴルファーがいます。


1人は「一発の飛距離」を求めるゴルファー。

ティーショットをミスしないかと、不安と緊張で顔が固まっています。

もう1人は、「狙った場所にボールを打つ」ゴルファー。 余裕の笑顔を見せています。

あなたはどちらでしょうか?



        吉本巧プロのシングルゴルファーの方向性安定プログラム






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。