2014年03月29日

パッティングを専門に教えるコーチ!スコアメイクに悩むゴルファーの方!!


パッティングコーチという言葉は、日本ではなじみのない言葉かもしれません。

しかし、アメリカのPGAでは誰もが知っている言葉です。



PGAのツアープロはみんなコーチをつけています。

しかし、スイングのコーチ、パターのコーチをそれぞれ分けているプレーヤーもいます。

 無題39.png

  

パッティングを専門に教えるコーチ、それがパッティングコーチなのです。

 無題38.png



プロからアマチュアゴルファーのパター数は全体のスコアの約4割を占めます。



パターがどのクラブよりも多く使用しています。

つまりパターを重点的に練習することがスコアアップの鍵なのです。




100が切れなくて悩むゴルファーが100を切るにはどうしたらいいでしょうか?



スコア100の人は、パター数はスコアの約4割なので40回もパターをしていることになります。




シングルプレーヤーと言われる人たちは、簡単に2オン2パットしてパーをとっていると

イメージしがちですが、シングルプレーヤーでさえ、パーオンの平均値は3分の1以下です。


つまり、パーオンしたホールできっちり2パットでパーをとり、外したホールでは

アプローチからパターを決めてパーをとってスコアメイクできる人が

シングルになれるのです。

  無題40.png
  


スイング理論は、

その人の筋力や柔軟性、年齢、性別など色々な条件で別れてきますが

ITパッティング理論は老若男女、ハンディなどは一切関係ありません。



体格の差を関係なく実践でき、極めれば、プロ以上のパッティング力が身につきます!



・パターが苦手でスコアを崩している方

・パターを得意クラブにしたい方

・ゴルフの目標を達成したい方

・負けたくないライバルがいる方

・バーディーをたくさんとりたい方

・パターの練習方法に悩んでいる方

・パターの基本を知りたい方

・ロングパットでタッチが合わず3パットしてしまう方

・50cmのショートパットでさえ自信がない方



 
無題41.png




真っ直ぐなラインのパットを打った時にボールが狙った方向に転がらない理由は

パターの軌道とフェースの向きです。




思ったようなスピードでボールを転がせない理由は、スイングのスピードと

(芯) でボールを捕らえているかと言うことです。

両方が 正しい動きをすれば、ボールは 狙い通りに転がります。



パターは十人十色、形もないし打ち方も自由です。

パターはこうでなくてはいけない、という確固たる理論も理屈もありませんが

パターで悩んでいる方は、参考までにITパッティング理論を

試してみてはいかがでしょうか?





☆ITパッティング理論


ゴルフ場のグリーンじゃなくても大丈夫です。

ITパッティング理論は基本的に自宅で練習できます。

練習メニューも自宅プログラムとして、自宅での練習方法を

メインでご紹介しています。



パッティングに体力や年齢、性別は全く関係ありません。

誰もが実践し、プロと同等に戦えるクラブが唯一パターなのですから。

また、練習プログラムも1日15分以内で終わるように設定してあります。



  無題42.png




◆毎回同じストロークを生み出すパッティングロボットに基づいて

出来上がったITパッティング理論式アドレス法



◆グリップをゆるく握らざるをえないITパッティング理論式グリップ法


◆肩の向き、目線の向きの自己チェック法


◆リズムとテンポをパターに直接聞く方法


◆曲がるラインはカップでど真ん中から入れる方法


◆速いグリーン、遅いグリーンで対応する方法



 





このITパッティング理論があなたのパッティングを上達させ、

あなたのゴルフを革新させると思っています。


  
    こちらからITパッティング理論












posted by sugichan88 at 15:21 | Comment(0) | パッテイング理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。