2016年11月05日

ゴルフ スライス 直し方




そもそもスライスを『修正すること』は不可能です。


なぜなら人は、まっすぐ打とうとすると、
必ずスライスをしてしまう体の構造になっているからです。

ゴルフ スライス 直し方


考えてみてください。スライスに悩むゴルファーは、
日本だけでなく世界中でも後を絶ちません。



それは、文化やライフスタイルに関係なく、人である以上、
必ずスライスしてしまうからなのです。





そのため、スライスはある意味、正しく体を使っている結果とも言えます。



だからこそ、狙った方向に対して、しっかりと打とうすればするほど、

奇妙な表現ですが「正しくスライスしてしまう」んですね。







「今、スライスが原因でスコアが頭うちになっていて、万策尽きている現状を、

どうにかして『自分の力』と『自分の気づき』で脱却したい。」




このようにお考えであれば、それは

『これまでやってきた中で確立してきた自分のゴルフスタイルを崩すこと』への

抵抗感からくる感情だと思います。




「自分なりのやり方でゴルフをやってきたから、これまでやってこれた。」という
気持ちはよくわかります。



なぜなら私もかつて、そんな人間の一人だったからです。




結局、スライスはどう直せばいいのか?





『プロから学ぶこと』こそが、

スライスの悩みから解放されるための最も効率的な方法であり、

100切りはおろか90・80切りを現実的な目標にできる方法なのです。


  ゴルフ スライス 直し方


このページでは、その時のことと、その状態からブレイクスルーを起こし、

プロゴルファーの夢を実現した方法についても記載しているので、

ぜひお読み頂ければと思います。




詳細はコチラから吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』




ゴルフのスコアに伸び悩んでいるゴルファーさん良い練習法がありますよ!

女子ゴルフは韓国式ゴルフスイングで上達できる!!記事

http://kisogorufu.seesaa.net/article/407436632.html



「5日間でゴルフスコアを10打縮める」ゴルフ上達プログラム!!の記事

http://kisogorufu.seesaa.net/article/405519359.html




プロからアマチュアゴルファーのパター数は

全体のスコアの約4割を占めます。



パターがどのクラブよりも多く使用しています。

つまりパターを重点的に練習することがスコアアップの鍵なのです。

プロからアマチュアゴルファーのパター数は全体のスコアの約4割を占めます。


あなたのパッティングを上達させ、

あなたのゴルフを革新させる記事

http://kisogorufu.seesaa.net/article/393025243.html











posted by sugichan88 at 19:36 | Comment(0) | ゴルフ スライス 直し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。