2016年09月30日

ドライバーの飛距離を伸ばしたい!あなたに再現性が高い方法




ドライバーの飛距離、平均飛距離、ココロざわつかせるこの言葉、
気持ちを落ち着かせてしっかりラウンドできるように、
そんな結果がわかればと調べて見ました。


近頃のゴルフ場は、セルフプレーが増えたので、安全上の目印としてティーグランドから
230ヤード付近に吹き流しが設置されていて、前の組がその吹き流しより
前に行くまでは、カートが先に行くまでは、安全上ティーショットを打たないように
表示されているところがあります。わかりやすいです。



ドライバーの飛距離には平均飛距離と最大飛距離があるということで、
世間的には通常最大飛距離で語られることの方が多いのではないでしょうか。



アメリカの調査での数値ですPGAツアープレイヤーとはアメリカのプロゴルファーの事で、
今や松山英樹もそうです。



アメリカのプロ及びアマチュアのハンディ0〜30迄の方を対象に調査した、
ドライバーの平均飛距離とフェアウエイキープ率の一覧表です。


無題138.png



PGAツアーのアメリカのプロは289ヤードの平均飛距離に対して、
わたしら素人、アマチュアのハンディ20前後の人で173ヤードです。

あくまで平均飛距離ということです。



チョロもチーピンも、とにかくOBでなかったボールのどれくらいの数字を対象に
平均化したものかわかりませんが、なおかつアメリカ人ということになると、
日本人ではもっと平均飛距離は低いのではないでしょうか。



最大飛距離に近い距離をさもいつも飛ばしているかのように言ってる感じがします。

現実は見たくないですか?平均飛距離。いかがでしょうか?。

無題139.png


頑張る方法、がわかれば頑張れるもんです。

少しでも今よりも平均的飛距離のレベルを向上させる方法。



■平均飛距離を少しでも伸ばすためには!!


ドライバーの飛距離を伸ばしたい!あなたに再現性が高い方法!



多くの教材や雑誌では、ボールを遠くへ飛ばすのに一番重要なのは、
筋力、スイングスピードであり、そこを重点を置いてトレーニングするように
伝えられています。


確かにそれは間違えではありません。



しかし、知っていましたか??
バンカーショットやアプローチと異なり、
ドライバーの飛距離を伸ばすのは簡単なんです。



フォームチェックや、隙間時間に簡単な練習を繰り返すだけで、
ドライバー飛距離をすぐに20〜100ヤードを伸ばす程度のことはすぐに可能です。



これからあなたにお伝えするドライバーの飛距離アップの方法は、
私が長年かけて生み出し、"再現性が非常に高い方法"になっています。

1ヶ月で100ヤードの飛距離アップを実現!



「そんな簡単に実現できるの?」

と半信半疑かもしれませんが、
どうぞご安心ください。

この方法は小学校でも高齢の方でも、
簡単にできる方法なのです。

しかも、早けれればたったの1日で
明らかな効果がでるのです。

30日後、あなたはドライバーの飛距離の悩みから
解放され、もっとゴルフが楽しくなるでしょう。


1ヶ月で100ヤードの飛距離アップを実現!



この方法は、
ゴルフ王国熊本のティーチングプロ「黒木昭良」さんが、
10000人以上の指導を行って確立した、
画期的なノウハウです。

こちらに成功体験談が多数掲載しています。

1ヶ月で100ヤードの飛距離アップを実現!












【飛距離アップの方法の最新記事】
posted by sugichan88 at 19:21 | Comment(0) | 飛距離アップの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。